低予算な自作PC&デジタル機器好きのブログ Rui LaBo

低予算がモットー!主に自作PCやデジタル機器ネタを書いています。

PALIT GeForce GTX1060 StormX 3GB ファン交換 

 

f:id:socardo:20191113191110j:plain

 GTX 1060 StormX 3GB ファン交換

かなりブログの更新をサボっていましたが、久々の更新です。

今回はPALITの GTX 1060 StormX 3GB を某フリマアプリにて購入しました。

動作に問題はなく初期不良があった場合は対応しますとの事だったので安心して購入しましたが、到着後動作確認を行ったところファンが動作しませんでした。

FF14ベンチで動作確認中、グラフィックボードの温度が上がり、途中からコマ送りになる症状が現れました。

後に出品者へ連絡しましたが、完全無視。

なんとなく予想もしていのですが、やりとりも面倒くさいので自分で修理する事にしました。

最近安く入手できる様になってきたGTX1060ですがマイニングのブーム時に最も需要があったのがGTX1000シリーズです。中でも人気があったのがこのGTX1060で中古品はマイニングに使用されていた物も多いと思われます。過度な使用によるファンへの負荷など、中古を購入される際には気を付けた方が良いかもしれませんね。

ファン交換は比較的簡単

f:id:socardo:20191113191052j:plainグラフィックカードの修理と聞くとなんとなく難易度が高く感じますが、交換作業は簡単に行えます。ネジを6本ほど緩めるだけです。

f:id:socardo:20191113191050j:plain

 まずボード裏面の赤い囲いの部分のネジを外せばファン部分とカード部分が分離します。ちなみにネジには封印シールが貼ってありますので、一度外してしまうとメーカー修理や保証の対象外となりますので自己責任で行って下さい。

f:id:socardo:20191113191056j:plain

 上面のケースを外した後、ファン本体を固定しているネジ4本を外しファン本体を交換します。

こうやって部品を外し表からでは見えない所を見ると掃除しきれていない埃や汚れが目立ちますね。指でファンを回してみると引っ掛かりがある様な感じでした。

ファンのベアリングが壊れているのかもしれません。

修理部品はAmazonで購入可能

今回使用したファンはAmazonにて購入しました。メーカー純正と言う明記はありませんでしたが、ファンの形状、コネクタの形から使用出来そうだと思い購入してみました。

商品説明では対応機種:Palit GeForce GTX 1060 Super JetStream,Gainward GeForce GTX1060 6GB Phoenix GS,Maxsun GTX960/970 JetStreamと記載がありました。

今回使用したStormXの記載はありませんが、ファンの形状大きさは同じ様です。

2個セットの販売しかありませんので1つは予備で保管しています。

 動作確認

f:id:socardo:20191113191059j:plain

 取付後特に純正と違和感はありません。ただ純正がどうなのか分かりませんが白のLEDが点灯します。純正もそうなんですかね?

FF14ベンチマークテスト

f:id:socardo:20191113231240j:plain 無事FF14ベンチも完走しました。今回はcore i7 2600を使用したので微妙にCPUがネックになっているかもしれませんが、フルHD画質で遊ぶには十分なスコアが出ました。

どうせ4K対応のモニターを持っていないので気にしない事にします。

フルHDでゲームをするだけならまだ十分GTX1060でも遊べそうですね。